今日のひとりごと

 

 

ホームへ ←過去へ

 

 

 

5月31日

今日は、音大附属高校時代にお世話になったピアノの先生のリサイタルでした。私が最も尊敬する先生の1人で、とっても緻密な演奏をなさる先生です。今日のプログラムも、内容が濃かったです(ハイドン、ブラームス、シューマン)。一緒に聞いていた後輩は、「ショパンとか入ってると嬉しかった。。。」っていってました。^^;でも、たくさんの生徒さん、それも、1癖も2癖もある、音楽の専門教育の生徒さんたちを大勢かかえて、定期的にリサイタルをするのは、並大抵の事ではありません。先生、お疲れ様でした。

ちょうど、私達がお世話になった時の先生の年齢が、今の私達の歳なんです。あの頃の先生みたいなパワーが、今の自分にあるのかどうか…いや、ないな…

 

5月29日

函館旅行記、完結編。第3日目は、午前中から午後2時頃までかかって、みっちゃん所有のスピネット(小型のチェンバロ)の修理をしました。何でも、2回も捨てられそうになったところを彼女に助けられただけあって、私の手におえない部分もかなりありました。消耗した部品については、交換するしか手立てがなかったので…。弦やプレクトラム(弦をはじく薄く細い爪)は常備していますが、それ以外の部品は、チェンバロ屋じゃないので、すべて持っている訳ではありませんので…一応、音がほとんどすべて、出るようになりました(^^;ゞ。いったいどんな状態だったんじゃいっ!!!

午後は、お土産のお買い物。買ってしまいました〜タ〜ラバ〜ガニ〜!!!まる1匹!今日(29日)の時点で、もうすべて、私達の胃袋の中で〜す。近所のスーパーで、足2〜3本分で、1000円もするのを見ると、ニヤけてしまう〜〜〜♪義理のある方々へのお土産も忘れずに買い、その足で、「自由市場」へ。みっちゃんが、手巻き寿司用に、お刺し身を注文しておいてくれたのです。あ〜しあわせ♪そこでは、その日に水揚げされた鮮魚や貝類を売るお店が、ところせましと並んでいました。大きな帆立貝が、豪快にざるに入って売られていたり、北海の幸に見とれてしまいました。

夕方、今日こそは!と函館山へ。まだ明るいうちに登って、次第に街の灯がともっていく様子をずっと見ながら、2時間ぐらいは座っていたでしょうか。久しぶりに会った親友との最後の夕べに、積もる話を、夜景を見ながらおしゃべりし、帰ってからは、新鮮なネタの手巻き寿司をいただき、最後の函館の夜はふけていきました。

次の日、みっちゃんに空港まで送ってもらって、本当にあっという間にむし暑〜い東京に帰ってきてしまいました。ドイツにいた頃は、みっちゃんとは毎日会っていたのに、今度はいつ会えるのかな、とちょっと感傷的になったりしました…

というわけで、函館旅行記、おしまい。

 

5月26日

函館旅行記、その2。第2日目は、函館のラジオ局「FMいるか」の収録があったので、午前中は、2人でそのためのお勉強。みっちゃんは、2つの音楽に関する番組のパーソナリティーをしています。チェンバロのお話や、私の体験談など、みっちゃんの「聞き上手」に助けられて、楽しく収録を終わりました。27日(土)にオン・エアだそうです。このHPの紹介もして頂いたので、もしかして、函館の方、みえてるかしら???

午後は、カトリック教会や、ハリストス教会(ロシア正教の教会)をたずねました。2つとも、建物がヨーロピアンなので、ドイツにいた頃を思い出しました。鐘の音も聞こえるし。こういうところに住みたいなぁ。旧イギリス領事館で、噴水のお庭を見ながらアフタヌーン・ティーをして、気分はマダム。喫茶の調度品も、アンティークで、重みがあり、大人の雰囲気でした。そのあと、「公会堂」を見学。そこでは、ドレスの貸し出しサービスがありました。(女性のみ…あ、別に、そういう趣味の男性の方にも貸してくれるとは思いますがねぇ…)ドレスを着て、洋館の中で写真をとりまくっている2人組がいました。写真撮影もいいけど、私は大広間で、いつかコンサートをやりたいなぁ。

夜は、函館山の夜景を見に、ロープウェイにのりました。昼間は比較的良いお天気でしたが、夕方になって、小雨が降り出し、いやな予感。霧が動いていれば、夜景が見えるのではないかと思って行ってみたら、真ん中辺まで登らないうちに、視界は0に!やっぱり、山の天気なのねぇ。その日しか見学できないツアーの観光局や、修学旅行の生徒たちは、かわいそう…

お夕飯は、私が、明太子スパゲッティーを作りました。(つづく)

 

5月25日

函館旅行記、その1。第1日目は、函館空港に午後2時頃着き、まずはそのままバスにのり、今回お世話になったオルガニスト、みっちゃんの家へ。少し休んで、五稜郭とその周辺を見て回りました。現在、繁華街の中心は、駅前でなく、五稜郭周辺に移ってしまっているとのこと。五稜郭タワーに登り、美しいお堀の形に、感動。ちょうど桜は、終わってしまった後で、星型のお堀を縁取って咲いている時には、どんなにきれいでしょう!と思いました。おしかった〜。

その日のお夕食は、みっちゃんが毛がにを用意しておいてくれました。その日のとれたてをボイルしたものだそうです。それも、1人1匹ずつ!これぞ、函館の醍醐味!!!結局ぜんぶは食べきれなくて、次の日にサラダに入れました。なんて、贅沢な…(つづく…)

 

5月24日

ただ今、函館から帰ってきました。で、これから仕事に行くので、函館旅行記、詳細はのちほど!

 

5月20日

今日は、例の高校時代からの友達+そのダンナ様方とのホームパーティーを、うちで開きました。メニューは、飛騨高山から買ってきたおいしいお味噌で、牛肉の包み焼きをしました。今回は、完全に素材に頼って、私の手は余りかかっていないのだ〜。和食って、難しいです…

明日から24日まで、友人のパイプオルガン奏者をたずねて、函館に行ってきます。函館の地方のラジオにも出させて頂くので、そちらの方面の方は、ぜひ、聞いて下さいね!

 

5月18日

先日、ダンナ様から、少し遅れた誕生日プレゼントを買ってもらいました〜!ピンクのシャツブラウスと、白のタイトスカート。あと、黒のサンダル。やっと今年らしいカッコウが、ちょっと出来るようになりました…

音楽教室に、毎週、いかにも今年風のファッションで現れる20代前半の生徒さんがいるのですが、いや〜、今までの私の身なりを見て、どう思っていたんでしょうねぇ。私自身は、自分に本当に似合うもので、あまり流行色の強くないものを長く着る主義なので、気にしないつもりなのですが、その子のフッションがほんとに毎週、雑誌みたいなので、この前、「去年買った服とか、着ないでしょ?」って聞いてしまった。^^;

とにかく、買ってもらった服、とっても気に入っているので、大事に着ようっと。

 

5月16日

このホームページも、おかげさまで、1周年を迎えました。最近は、肝心のチェンバロやバロック音楽のところの更新が、行き届いていないので、ちょっと反省しています。書きたい内容はたまっているのですが、いざ、形にしようとすると、意外と時間がかかるものです。もともと、「書くこと」の訓練にもなるかな?と思って始めたホームページだから、このく〜だらない日記のコーナーばかりが増えたのじゃ、訓練にはならないかな?でも、楽しく、無理なく、がモットーですので、こんなページで良かったら、末永くお付き合い頂きたいと思います。 m(__)m

 

5月15日

昨日、生徒の発表会が、無事終了しました。みんな、実力通りの演奏が出来たようで、ひとまずほっとしています。びっくりしたのは、小1・小2の子供たちが、全員ほぼ完璧に演奏したこと!その本番の強さを、先生にも分けて欲しい…大きい子達は、実力以上の難易度の曲に挑戦した子も、健闘していました。1年半前の発表会に比べると、みんな本当に成長しています。

先生は、今日はもぬけのカラ状態。いけない、仕事に行かねば…

 

5月12日

生徒の発表会まで、あと2日。明日最後のレッスンをする子供もいる。ピアノのある喫茶店を借り切ってやるのだが、アットホームで知的な雰囲気なので、うちみたいに小さい教室の発表会には、もってこいなのだ。先生役の私としては、もうほとんどやる事はないので、あとは生徒達にがんばってもらうのみ!とはいっても、内心力が入ってしまうよね、やっぱり。せっかくがんばって、長〜い時間かけて練習してきたのだから、その子の実力通りの演奏が出来ることを、心から祈っているのであります。祈るしか出来ないもん。今となっては。

 

5月10日

気を取り直して、高山旅行記その3。ガラス製品マニアの私としては、ガラス工芸のコレクションがあると聞いては、放っておくわけにはいかない!というわけで、高山美術館に行ってみました。何といっても、ロケーションの良さが、この美術館の最大の武器でしょう。野外席つきのカフェから、北アルプスを一望でき、天気が良くって暖かければ、何時間でも過ごせそう。

コレクションは、割と見る機会の多いアール・ヌーボーのガラス器だけでなく、かなり古いものから、歴史を追って見られるのが魅力。神聖ローマ帝国のエンブレム入りのゴブレットなんか、(私にとっては…ね…)幻の逸品でありました。もちろん、アール・ヌーボー期のガレなど、大物の作品が並んでいるのも、圧巻。ガレの若い頃の陶器作品も、興味深かったです。

 

5月9日

世間の方々って、本当にエライと思う。私は、かなり我慢強くない方なので、仕事上、聞きたくもない話をうんうん、と聞いてあげなければならない立場の時、そのときはまあ、にこにこして相づちを打ったりしている訳だが、その反動で、今度は自分がえんえんとしゃべりたくなってしまうのだ〜。そんな時の私の「被害者」が、私の周りにいるはず。だから、私もがまんしてあげなくっちゃいけないよね。私の周りにいてくれる人は、みんな大人で、本当に助けられていますm(__)m。ほんとうにすみません。

 

5月7日

飛騨高山旅行記その2。飛騨の名物料理をいろいろ食べたけど、そのなかでも一押しだったお店が、味噌の醸造元「角一」がやっているお料理屋さん「角一亭」が、おいしかったです。さすがにお味噌やさんだけあって、お味噌を使ったお料理は、おすすめ。飛騨牛の包み焼きは、香りの豊かなお味噌とお肉を一緒にやきながら食べるのですが、量もたっぷりだし、大満足でした。お味噌の香りの高さに感動したので、お土産に、そこのお味噌4種類(麹味噌、田舎味噌、手前味噌、昔味噌)制覇してしまいました。私って、いいお客?

 

5月6日

1日はなんとまあ、しょうもない事を書いていたのだろ〜か。失礼っ!

3日〜5日まで、飛騨高山に行ってきました。一番楽しかったのは、簡易着物を借りて、町をあるいたことかな。女性は、普通の着物(ただし、帯は結ばなくてもいい、着付けの簡単なもの)だったのだが、男性は、時代劇でお奉行様が来ている、裃(かみしも)!なのである。このお奉行&町娘ペアーが、人力車に乗って「古い町並」を走った日にゃ〜、目立つ目立つ。外人さんには、写真をバシバシとられるわ、通り掛かりの関西の人には、「ええ身分やね〜」と言われるわ、子供連れのお母さんには、「ほら、昔の人よ〜」って指差されるわ、恥ずかしいながらも、結構楽しんだってわけ。着物を貸してくれた係の人には、「人力車に乗ってた人がいましたよ、と、たくさんのお客さんが言っていました。いい宣伝をしてくださって…」などと、感謝されてしまいました。

 

5月1日

今日はメーデー。けっしてエイプリル・フールではありませんっ!

 

 

ホームへ ←過去へ