日のひとりごと

2001年6月 

 

ひとりごとトップへ
ホームへ

6月28日

今日は、チェンバリスト・オルガニストの勉強会で、イギリスの文献を読んできました。どこかで聞いていて、知識としてあることも、ああ、ここに書いてあったんだ〜!という発見もあったりして、面白かった。もちろん、内容も、たった50年くらいの間に様式感が変わってるのが分かって、いつものことながら目からウロコの連続。

ところで、「一寸先は闇」、という言葉があります。これって、今は光の中にいても先には闇が待ってるかもしれない、つまり、いつ悪いことが起きるか分からないって言う、ネガティヴな意味なのか?それとも、先にはよいことも悪いことも含めて、全く予想できないことが起きる、という意味なのか?(あとで辞書をひきましょうねー!)たとえ「闇」って思っていることでも、その闇に飛び込んでよーく周りを見回してみたら、その闇の中に宝物がいっぱいって事だってあるかもしれない。

電車の中で、「一寸先は闇」のことを考えていて浮かんだイメージ。真っ暗闇を手探りで歩いていたら、前に黒い物体がウニョウニョ動いている。あかりを持って勇気を出して側に寄ってみて、ミルクチョコレートのあふれた風呂オケだったらラッキー!(チョコ嫌いの皆様、すみません。。。)しかし、ムカデのいっぱい入った桶だったりしたら・・・ああああぁぁ〜〜コワイ想像になってしまった〜・・・慣れない勉強のし過ぎ。夏だしね。ちょっと涼しくなった?

 

6月27日

小田 瑠奈・透夫妻とのコレッリ/トリオソナタ全曲勉強会第2回目でした。今日も4曲のトリオソナタを合わせました。前回の時よりも大分、コレッリの音楽に慣れて来たみたいで、前回4曲を仕上げるのに2日間を要しましたが、今回は1日で終わりました。それにしても!コレッリ天才!美しすぎます。合わせている時は本当に、至福の時。準備はそれなりに大変だけれど・・・

9月8日、所沢・松井公民館での室内楽コンサートの曲目が、今日ようやく固まりました。譜面係の私は、明日音大の図書館に楽譜を集めに行ってきます。いろいろと仕事が増えて来たなぁ。リサイタルのチラシの発送もしなくちゃいけないし。

 

6月24日

今日は、BMJ(バロック音楽演奏サークル)の第3回目でした。毎回参加者が増えて、ますますにぎやかになってきました。前回に引き続き、通奏低音の講座もやりましたが、そろそろレクチャーだけでは間に合わなくなってきそうです。やはり、実際に少しずつでも音を出して頂いた方がよいのかしら、と考えています。(でも、こう提案した途端に参加者が減ってしまったらどーしよう!?そんなにコワくないんだけどな・・・)音楽は紙の上の物ではなく、音になって初めて生きてくるものだと思うので・・・

6月も残り3分の1となってきたところで、夏以降のコンサートの練習&打ち合わせ、事務仕事などで、にわかに忙しくなってきました。でも、海の日に伊豆に遊びに行くのが決定したので、それを励みにがんばろう!!!(遊びで自分をつる奴!^^;)

 

6月20日

今日は蒸し暑かったですね。曇っていても空気が生暖かくて、ああ日本の夏はトロピカル・・・

トロピカルと言えば先日、今年初のすいかを食べました。小玉すいかだったけれど、とても甘くて、ああ、夏が来た!という気がしました。食でも四季を楽しむことが出来る国に生まれて、幸せを感じる瞬間。(そういえば、先週はさくらんぼばっかり食べてたっけ。アメリカンが多かったけど)

 

6月16日

今日は、東京都日野市にある高幡不動尊の、あじさい祭りに行ってきました。お寺の境内にちらほら咲いているくらいだろう、と高をくくって行ってみたら、なんと!社の裏手の山の中腹まで、いろんな色のあじさいで埋め尽くされていました!空色、桃色、紫、白、紅・・・あじさいってこんなにいろんな色があったの?背丈よりも高い木ばかりで、ほとんどトンネルのようになっている箇所もありました。駅を降りた時から観光客と思われる人が多かったので?と思っていたのですが・・・訳が分かりました。

お寺の真ん前に、「あじさいソフト」−あじさいの花のエキス入り、というソフトクリームが売っていました。さすがに食べてみる気はしませんでした。あじさいの味って、どんなんでしょうねぇ・・・(どなたか食べたら教えてね〜)

 

6月13日

突然ですが、過敏性大腸ってご存知でしょうか?私はその気があって、ストレス・緊張に見舞われると、すぐにお腹に来ます。以前は実技試験やコンサートの前によくなったりして、まあ、心のバロメーターとでも言うんでしょうか。最近は随分少なくなりました。病気じゃないし、原因が分かっているので、自分自身を「はいはい、アンタ緊張してるんでしょ?いつものことだから、気楽にやんな」と、なだめすかす訳です。

こんなお気楽トンボも、ストレス溜まることもあるんで〜す!あはは。

 

6月10日

昨日は、高校時代の友達が集まる会でした。Kちゃんのおうちに行って、生後2ヶ月のJr.くんに初めてご対面!可愛かったなぁ。。。Hさんのパパぶりも、微笑ましく、本当に幸せな家庭に生まれてよかったね、と思いました。幸せを貰って帰りました。

さて、今日、実家のとなり(祖父の家)のチェンバロを置かせてもらっている部屋に、除湿機を設置。最初は湿度70%もあった!!!昭和初期の日本家屋、おそるべし(ほとんど屋外?)。大好きな赤いチェンバロくん、いままでごめんね。じっくり調律をして、練習して帰ってきました。しばらくぶりに音を出したら、今まで気づかなかったフレミッシュの音の長所が分かりました。嬉しかった。

 

6月8日

昨日、8月のリサイタルの曲目を、ほぼ絞り込みました。あれも弾きたい、これも弾きたい・・・と、随分時間をオーバーしていたことに気がつきました。ということで、昨日・今日はほとんど部屋に篭って、テレビもろくに見なかったんです。

夕食後、ニュースステーションにチャンネルを合わせ、突然目に飛び込んで来たあの事件!・・・大阪で小学校が襲われ、何人もの子供が亡くなった、と・・・あまりのことに、言葉を失いました。決して起きてはいけない事件です。亡くなられたお子さんのご家族と、けがをした子供達、そして、怖い目に遭ってショックを受けた子供たちの心の傷が、心配です。

こういう事件は、どこぞの大国でしか起きないと思っていました。一体どうなってしまったのでしょうか?

 

6月6日

今日、エアコンの大掃除をしてみました。というのは、先週音楽教室で冷房を入れたところ、においがして、そこに入ってきた生徒さんから恐ろしい話を聞いたからなのです。においがする時は、吹き出し口からカビの胞子が、ぶぁって吹き出しているのだって・・・「こんな部屋に一日いる先生、お大事に・・・」と言われたけれど、それじゃ私はすっかりカビまみれってこと!?聞かなきゃ良かった〜。

家に帰ってまでカビまみれにはなるまいと、エアコンクリーナーをシューシュー・・・っと吹き付ける。さぞ、真っ黒な水が排水溝から流れてくるだろうと思ったが、大した事はなかった(ちょっと期待してた)。残念・・・

ところで、教室のエアコンは、いつ掃除したんだろう・・・(-_-;)皆さんの会社や学校は大丈夫でしょうか?

 

6月3日

先週は何かと忙しい1週間でした。水曜日に、コレッリのトリオソナタをヴァイオリニストの小田夫妻と合わせ、水曜日は、土曜日の講座の準備+夜はダンナの上司とのお食事会。金曜日は再び合わせ練習の後、伊藤深雪さんのフォルテピアノのコンサートに行く。伊藤さんは、最近、なんと!1811年製のオリジナルの楽器を買われたそうで、このコンサートで御披露目して下さった。曲目はシューベルトの後期のソナタが中心で、その音色のすばらしいこと!演奏も伊藤さんの高い集中力に、聴いている私達も「引きずり込まれた」といった感じ。楽器の音があまりにも作品の求めていることにマッチしていたので、背筋がぞくぞくする瞬間が何度も訪れました。楽屋にご挨拶に行ったついでに「こんど弾かせて下さい!!!」としっかりお願いして来てしまった・・・

昨日、土曜日はバロック音楽講座で、器楽奏者にとっては比較的得意な分野、バッハのケーテン宮廷楽長時代のお話でした。もちろん、ブランデンブルグ協奏曲の5番についてと、私自身も大好きな無伴奏チェロ組曲を中心にお話しました。皆さんと一緒にCD鑑賞をしている時も、楽しかったなぁ・・・♪

 

ひとりごとトップへ
ホームへ