日のひとりごと

過去の日記へ '99 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 '00 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
'01 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

 

 

ひとりごとトップへ
ホームへ

12月27日

皆様、よいクリスマスを過ごされたでしょうか。

昨日でとうとう、宮地楽器の講師としてのお仕事は全てお終いとなりました。生徒さんから頂く温かい言葉を胸に、これからも頑張っていきたいと思います。教室担当のお若い女性社員の方とお昼を食べ、初めてじっくりお話をしました。人と出会うと、どうしてもビジネスライクにはいかなくなる、これはもしかしたら私の欠点でもあるかもしれません。しかし、楽器のレッスンと言うのは、先生の腕如何によって、生徒さんの人生が音楽によって豊かになるかどうか決まってしまうと私は考えます。演奏を通じた関係でも同じ事が言えますが、特に1対1の楽器のレッスンでは、どうしても生徒さんとのコミニュケーションは密になります。私みたいな者でも慕って頂けることはとても嬉しかったですし、別れはやはり辛いです。

午後からは大掃除。暗くなる前はベランダ(What's Newのコーナー参照)、夜はキッチンと床のワックスがけをしました。今日はどうしようかな。あ、年賀状も書かなくては・・・その前に練習が・・・年末はやっぱり忙しい!

 

12月22日

クリスマス・プレゼント・パニック!というほどのことではありませんが、今の天皇陛下がイエス・キリストの2日前に生まれてくださったお陰で、今年は3連休の方も多いことでしょう。そして、この週末は、どのデパートでも、最後の商戦が繰り広げられているはず。

今日は、藤原章雄さんのテノール・リサイタルに行き、久しぶりに、ほんとのテノールのすばらしさを満喫いたしました。ピアニストも、バランスも言うことなし!でした。

そのあと、頼まれたクリスマス・プレゼントを探してT駅周辺を徘徊。大手百貨店2件、TとIへ。希望の物は、どちらも扱っていな〜い!そこで、駅ビル2つともくまなく歩き回り、やっと扱っているお店は見つけたものの、在庫がない!!!ということで、クリスマスには間に合わなくなってしまうけれど、とりあえず取り寄せてもらうことにしました。はぁ=3

あまりに足が疲れてしまったので、1人で軽く夕食をとることに。「何名様ですか?」「1人です!」連休中に1人で外食しているのを不憫に思われたのか、ウェーターの顔に一瞬複雑な表情が覗える。1人で自由にしたいことをして過ごすのっていうのも、楽しいし、贅沢なこと。なんだけどなぁ・・・?

 

12月18日

オーケストラのなかで一番偉い(?)人のことを「コンサートマスター」と言います。略して「コンマス」。ファースト・ヴァイオリンのトップ、つまり、指揮者のすぐ左(舞台に向かって)の脇、ヴァイオリンの一番前で弾いている人のこと。この役が女性の場合は「コンサートミストレス」略して「コンミス」となります。だから女子大のオーケストラには「コンミス」しかいません。

ビケ♪ダンナ語録
「『コンミス』って結婚すると『コンミセス』になるの?」

 

12月17日

土曜・日曜と続いたコンサートも無事に終わりました。空気が冷たく、風も強かったのに、たくさんの方々にいらして頂き、本当に感謝しています。ありがとうございました。

これからも、コンサートで得た経験を通して、もっと自分を磨くように努力していきたいと思います。

12月いっぱいで音楽教室を辞めることにいたしました。今日は、神田のお教室での最後のレッスンです。寂しい、と思う気持ちもありますが、自分自身、新たなステップに立とうと選んだことです。

 

12月11日

今日は、リコーダーの向江 昭雅さんに、15日のコンサートのためにリハーサルをして頂きました。向江さんとは、今まで2回コンサートでご一緒させて頂きましたが、本当にすばらしい演奏家でいらっしゃいます。私なんかがお手合わせ頂くのは恐れ多い・・・くらいの方なのですが、今日の合わせは(私はやっぱりボロボロになったところもあったけれど)とっても楽しかったです。向江さんにお褒めのお言葉を頂いたのも嬉しかったです。

本当に上手な演奏家は、共演者を上手に演奏させることもうまいものなのです。だから、自信を失われてスケールの小さな演奏をされるよりは・・・と思っておだててくださったのは分かっています。それでも嬉しかったですね。私の演奏が相当、前と違うらしく、「なんかあったの?」と言われるくらい。より上手になりたい!という気持ちは、常にありますが、自分の中で特に大きな変化はないのです。ただ、変わったことがあるとすれば、以前合わせて頂いた時は、ジェットコースターを徒歩で追いかけているような気がしたのが、8日に向江さんの演奏会に伺った時には、ああ、向江さんはこういう風に吹きたいのか!というのが、とてもクリアに見えて、中央特快を快速で追いかけているくらいに変わった、ということかしら(東京以外の方、わかりにくい喩でゴメンナサイ!)。でも、こんなことで浮かれてはいられません!練習のMDを聴いて、ああまだまだ・・・と反省しましたから。

ダンナが帰って来て、「今日、向江さんに褒められちゃったの〜!」と話したら、「・・・前がよっぽど下手だったんだね・・・」そんなに分かりきった本当の事をはっきり言わなくても・・・(;;)

 

12月9日

今日は、宮地楽器の「バロックコンサート」でした。都内の音楽教室の、チェンバロとリコーダー全コースの生徒さんの発表会で、皆さん、本当に見事な演奏を披露してくださいました。私もリコーダーの伴奏を3グループ受け持ちました。一身上の都合で、おそらくこれが教室の最後の発表会となるので、皆さんがそれぞれ、いい演奏をしてくださったことが、私にとってもよい思い出になりました。これからも、たくさんの素敵な音を奏でていって頂きたいです。チェンバロの生徒さん方は、みなさん素晴らしい演奏をなさったのに、舞台から降りていらっしゃる時に、顔が硬直してしまってました。すごく緊張なさっていたんですねぇ・・・

某バロックサークル主催のFさんが、場を和ませてくれたのは、すごくよかったです。「チェンバロ科の男性は、毎年個性的な方が多いですね」と、講師の先生方で話していました。

 

12月4日

ここのところ、3日連続してウイルスの入ったメールが届いています!!!最近、知らない英語のメールがとても増えたので、心配していたら、やはりそういうのは要注意でした。うちのPCは、インターネットセキュリティーのソフトを入れていたので、ウィルスメールを退治してくれました。ちゃんとお仕事して、偉い!!!もし人間だったら、コレラとかエボラ熱とか、もう感染して入院してるところだわ・・・

というわけで、知らないメールが届く方は、ウィルス撃退ソフトを入れることをお勧めします。メールチェックをしている時に「警告!」と赤い背景の文字で出てくると、びっくりするけどね。守ってくれますよ!

 

12月1日

いよいよ12月。今日は、バロック音楽サークルの日で、今回はいつものような、2時間みっちりの講義でなく、クリスマスにちなんだ曲を聴きながらお菓子とお茶を頂いて、皆さんでお話するという企画でした。クリスマスの曲について少し説明した後、先日の中大メサイアに来てくださった方もいらしたので、その時の裏話(舞台の上が27度あって、チェンバロの音程が下がって大変だったこととか)をしたり、後半は皆さんが持ちよられたCDを聴きあったりして、私自身も楽しい時間が過ぎていきました。

 

 

ひとりごとトップへ
ホームへ