>ホームへ  >最新の日記へ  >過去の日記へ >BBSへ

日のひとりごと November & December 2004

 

12月20日

 

 明後日から、旅に出まーす!行き先は、カリブ海クルーズ&フロリダ2泊!白い砂と青い海のイメージが、今から脳みそのなかで渦巻いてます。クルーズは、アラスカに行って以来、あまりの楽しさに、はまってしまいました。うーん、早く行きたいっっ!!!

 

 さて、このサイトをご覧の皆様方、今年も、いらしてくださって本当にありがとうございました。こんなサイトですが、見てくださる方がいらっしゃることが、毎日の励みになって、無理せずに楽しみながら続けて来られました。心より御礼申し上げます。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

・・・と、ちょっと早めの年末のご挨拶でしたが、実は今日、夜中まで、キッチンに篭りきりになるかもしれなくて、日記を更新できるか分からなかったのです。明日のお昼は、ポットラック・ランチ(英会話サークルに参加している人が、各国の料理を持ち寄ってのクリスマスパーティー)で、夜は、自宅にお客様をお招きするので・・・ 今日はその準備で、午後中、キッチンでえびの背わた取りや、大根のかつら剥き、たまねぎの皮むき、etc.etc.・・・をしながら、CD4枚も聴いてしまったわ。でも、なんとか、ゴールが見えたので、日記を書いてるわけです。

 

あ!旅行に持っていく夏物!アイロンかけてない!バスルームの掃除忘れた!お客様用の食器、洗ってない!・・・これからやりまーす。(TT)しゅーん 現在、夜10時・・・

 

最後までバタバタで終わるのが、いつもラストミニッツになってしまう私らしいところかも・・・(そろそろ改めたい・・・)

 

では、また新年にお会いしましょう! Have a very happy new year!

 

 

日記才人に登録しています。上のボタンを押して頂くと、
ランキングが上がりますので、ご協力お願いいたします!

 

 

12月18日

 

 今日やっと、アメリカ国内に出す、最後まで残っていたSeason's Greetingカードを書き終え、午後は練習&買い物&夕食をマジメに作って一日終わり。ヒスイ豆腐が、やっとちゃんと固まってくれた・・・もうすぐ冬休み♪

 

 

12月16日

 

 先日書いた、フィラデルフィアの「最悪」ホテルに、ダンナがクレームのメールを出していたのですが、その後のお話。

 

昨日、泊まったホテルから、手紙が来ていました。開けてみると、謝罪文と、30ドルの小切手が入っていました。そして、手紙には、「この次に私達のホテルをご利用いただくときには、50%引きでどうぞ」とも・・・

 

クレームをつけたことで、それなりの対応をしてくれたことは評価したいと思います。泊まったとき支払った金額の半分が返ってくるというのは、こういうケースの相場らしいということです(あるアメリカ人の話)。まあ、50%引いてもらったところで、私達はもう泊まりませんけどね〜

 

      リンク、「お友達」に一件追加しました。ハワイでの生活の魅力が詰まったページです。ぜひ訪れてみてください。

 

 

 12月14日

 

 一昨日(12日)、ウィンナー・ワルツの舞踏会に、オプションでついていたダンスの練習にも参加せず、無謀にも乗り込んでしまった私達。初めての「ブラック・タイ」のイベント(男性は燕尾かタキシード、女性はイブニング)に、私はバーゲンで89ドルのドレスを買い、ダンナは、前日、貸衣装やさんに走り、タキシードを借りる。私達が行った貸衣装屋さんは、本当なら、ビジネスデー2日前までにお店に行き、サイズを測り、前日までに、お店が用意したぴったりサイズの衣装を取りに行く、というシステムでしたが、そうとは知らず、急遽お店にあるものの中でサイズを探してもらいました。ちょうどいいのがあって、本当に良かった・・・

 

ダンスパーティーが行われたのは、昔どこかの国の大使が使っていたという邸宅。玄関を入り、吹き抜け空間の両翼に弧を描く、大理石の階段を上がるとそこは・・・映画の世界。ダンスのデモンストレーションをする若い女性たちは、ウィーンのニューイヤーコンサートの映像さながら、すその広がった白いドレスに、ひじの上まである白い手袋。ほかの方々の着飾った姿を見るのも、楽しかったです。シャンパン片手にその場にいるだけで、まるで映画の一場面にいるようで、幸せな気分でした。

 

そこでやめといても良かったんですが、やっぱり踊りたくなって(私は学校でワルツを習ったことがある。もう○○年前^^;)、くるくると、ものすごいスピードで回っている上手な方々に思いっきり迷惑を掛けながら、なんとなくそれっぽく踊ってみました。アメリカ人の中には、明らかにワルツじゃないステップで楽しそうに踊っていた人達がいたので、それで大丈夫かな、と・・・

1月からちゃんと、ダンススクールに通います。5回だけだけど・・・ 私達の周りにいた皆さん、ゴメンナサイ!

 

 

12月10日

 

 フィラデルフィア旅行記(その3)

 

 フィラデルフィアは、ペンシルバニア州とニュージャージー州の境に位置しています。街中のホテルは、とにかく高かったので、ニュージャージー側のチェリー・ヒルに宿をとりました。それが、どんな悲劇を生むかなんて、想像もせず・・・その宿、ハワード・ジョンソン。チェリー・ヒルのヒルトンと同じ通りのすぐ近くで、真ん前が墓地です。ここまで書けば特定できるでしょう。

 

 

(悲劇その1)

部屋に入ってまず気がついたのは、部屋の電灯。電球が切れているところが1箇所、電球をはめ込むところが根こそぎ折れているところが1箇所、計2箇所も、点かなかった!そこまではいいです(よくないですが)。かなり    わびしい雰囲気なので、早速ダンナがフロントに電話。良心あるホテルなら、普通は、すぐ誰かが飛んできて直してくれるものでしょう。ところが、フロントのおじじ、

 

「明日直すから、OK!」   ぴきっ(怒りで血管が切れる音。なにがOKだ!!!)

 

 

  (悲劇その2)

気を取り直して、お風呂にでも入ろうかと、お湯を出し始めました。蛇口のひねるところには、温度調節を示すために赤と青のしるしがついているのは、良く見ますよね。で、普通、赤い方向に回せば段々と熱いお湯が出てくるものではないですか。

 

いつもする通り、初めに赤の方に全開にしてみました。が・・・待てど暮らせど、熱くならない。またまたフロントに電話。

 

おじじ「OK.3分くらい出しっぱなしにして、出なかったらまた電話して」

 

5分待ちましたが、お湯はまだぬるいまま。偶然、青い表示の方向に蛇口を回したら・・・出ました・・・熱いお湯が・・・ なんで逆なの〜〜〜 ぴきぴきっ

 

 

(悲劇その3)

 アメリカのモーテルは、方々泊まり歩きましたが、今までドライヤーがなかったところはありませんでした。それでも、どうせ車に積んでいけるし、と、持って出かけることが多かったのですが、今回に限って、持って行かなかったのですねー。

 

部屋に備え付けのドライヤーがあるように見えたんです。でも、そこには壁にスポッと入る、ドライヤーのシルエットしかありませんでした(スタンドしかなかった)!ダンナの「もういや!」という心の叫びを抑えて、3たびフロントへ・・・

 

おじじ「ドライヤー、貸し出すのは無いね。」   ぴきぴきぴき

  

 

  (悲劇その4)

次の日、朝食付だというので行ってみたら、シリアル一種類とコーヒーとオレンジジュースしかなかった、しかもジュース、うすかった!そんなしゃびい朝食なのに、わざわざ泊り客である確認をとらされた。 ぴきぴきぴきぴき∞

 

・・・私たちが帰った後、ハワード・ジョンソンの本部に、一通の長いクレームのメールが届いたのはいうまでもありません。ハワード・ジョンソン「カムデン店」には、「絶対泊まってはいけないホテルNo.1」の称号を授けましょう。皆さん、ご注意を。

 

 

12月8日

 

 フィラデルフィア旅行記(その2)

 

 誰かさん(言わずと知れた某B氏)のせいで、セレモニーが見られず、フィールドではすでに、選手達が整列して準備運動をしたり、軽いウォーミングアップを始めたり・・・と、突然、皆が空を見上げて、歓声を上げています!なんと!!!つぎつぎとオレンジ色のパラシュートが降下してきました!着陸の際バランスを崩す人もいる中、フィールドのど真ん中にピタリと降り立った人には、大きな歓声があがっていました。また、2人が途中まで組になって降下してきて、着陸する直前に離れたり、ものすごいスピードで斜めに「落ちてきた」のに、最後の瞬間にふわり、と、ど真ん中に着陸したり・・・離れ技にも、めちゃくちゃ感動!!!陸軍と海軍の特殊部隊の生徒さんだったそうです。

 

 

感動覚めやらぬうちに、今度は、キーーーィィィンッッ・・・という耳を劈く音で、戦闘機が低空飛行。アナポリスのときには、これほどの音はしなかったのに・・・まだつづきます。今度は、陸軍のヘリコプターが、編隊を組んで上空を通過し、フィラデルフィアの摩天楼へと消えていきました。

 

 

そして、国歌(それまでがすごすぎて、あまり印象に残っていない)に続いて、試合開始。ネイビーがこれまで2敗しかしていないのに対し、アーミーは2勝しかしていない、ということで、まあ勝負はついているかな、と。それでも、2桁のヤード数を突破する選手など、好プレーも多くて、とても楽しめた試合でした。この日は、タッチダウンしても、腕立て伏せはなし(アナポリスでは、ネイビーチームのホームだったので、タッチダウンの度に得点の数だけ、客席で見ている兵学校の学生が腕立て伏せをしていました)。

 

さて、試合とは別に非常に気になっていたのが、かのJ.W.ブッシュ大統領。いったい、どこで見ているのか・・・ビケ♪版、ウォーリーならぬ、ジョージを探せ!

 

前半は、ちょうど私達の向かい側・アーミー側の席にいたようでした。客席をよーく観察すると、陸軍兵学校の学生席と一般席の境目の通路と、その次の客席ブロックの通路に、サングラスを掛けて刑事コロンボ(古っ)みたいなコートを着た、いかにも・・・なSPの姿が見えました。ということは、このSPにはさまれたブロックのどこかにいるに違いないっ!あとは、「日本野鳥の会」よろしく、そのブロックの上から一人ずつ、双眼鏡で見ていくだけ!すると、ブロックの上から5列目に、陸軍の制服を着た人を両隣において、寒いのにコートも着ないで、青いシャツにジャケットの、ちょっとお疲れ気味のブッシュ大統領を発見することができました。ガラスの窓越しにでも見ているのかと思いきや、一般の人と混じって・・・大統領が、いくらフットボールが好きだって言ったって、こんなとこに座るんじゃ、警備も厳しくなるわけだわ・・・(つづく)

 

ウォーリーを探せ!

 

躍起になって探さなくても、時々スクリーンに映ってましたけどね・・・

 

 

12月7日

 

 フィラデルフィア旅行記(その1)

 

先週末、フィラデルフィアへ、アメリカンフットボールのArmy対Navy戦を見に行ってきました。家を9時ごろ出発して、フィラデルフィア市内には12時ごろには入れたのですが、スタジアムへと続く高速の出口付近から、ものすごい渋滞が始まっていて、結局スタジアムの駐車場に着いたのが、12時45分ごろ。予定では1時からセレモニー(士官候補生の行進などがある)で、2時半試合開始。兵学校のフットボール戦は、制服に身を包んだ士官候補生が一糸乱れずにいろんな隊形を組んでスタジアムに入ってくるのが、見所の一つなのです。

 

セレモニーまで、まだ15分あるから、楽勝!と思っていたら・・・スタジアムの入り口で、長蛇の列――というよりも、人が溢れかえっています!どうやら、入り口で金属探知機と手荷物検査をしている様子。やはり、9・11の後、こんなところでもセキュリティーが厳しくなったのか・・・特に今回はアーミー・ネイビー戦だし・・・と思いきや、実はそれだけではありませんでした。なんと!J.W.ブッシュ大統領が観戦に来ていたのでした。どうりで、調べ方が、バッグのポケットのチャックを一つ一つ全部開けて見るほどの、念の入れようだったわけで・・・結局、楽しみにしていた行進は見られずじまい。残念!(つづく)

 

スタジアムから眺めたフィラデルフィアの街並み

 

 

12月6日

 

 今日は午前中、用事でDC市内まで行っていたので、午後は自然史博物館に寄ってきました。ここは、地球上の自然にあるものはすべて展示してある、と言っても過言でないほど。生物・鉱物・民族の文化などなど・・・

 

今日は、哺乳類のセクションで、アフリカの哺乳類の展示を、また、宝石のセクションで、有名な「ホープ・ダイヤ」(世界最大のブルーダイヤモンド)や、ナポレオン、マリー・アントワネットなどが所有していた宝飾品を見ました。

 

哺乳類セクションでは、最初に、哺乳類の3つの特徴(体毛・耳の特別な骨格・哺乳)が、子供にも分かりやすいようにパネルで説明されていました。その奥から、世界の各地域の動物が、今にも動き出しそうな、生き生きとした剥製で展示してあります。一つ一つ丁寧に説明を読みながら見ていたら、1箇所(アフリカ)だけ制覇したところで、すでに1時間半経っていました。やっぱりアメリカの博物館、大きいです〜〜〜

 

近くで見ると、迫力満点!

 

宝石のコーナーでは、すっかり目の保養をしました・・・合間に、大スクリーンのIMAXシアターで、イルカの「言葉」について研究する人のドキュメンタリーを見て、バハマやパタゴニアの美しい海を背景に、一緒にイルカを泳いでいる気分を満喫しました。

 

ホープダイヤ。写真だと色が出ませんが、ブルーダイヤです

 

 

12月2日

 

今朝の全日空で、母は帰ってしまいました。日本にいるときから、何かと気を抜くことが出来なかったので、一人になれたのがほっとした反面、やはり、寂しいですねー。がらんとした部屋を見ると、余計にね・・・

 

ゲートから入るときに、とっても不安そうに見えた母。まあ、全日空は日本人スタッフが多いから大丈夫だと思いますが、やっぱり母は守ってあげなくちゃいけない人なんだって思いました。私みたいに雑草みたいなのとは違うなって・・・

 

さて、容量不足でUPできなくなった旅行記のページを、有料サーバに引っ越すことにしました。ただ今準備中。リニューアル・オープンをお楽しみに!

(って、内容はあんまり変わりないと思いますが^^;)

 

 

11月30日

 

夕方7時半より、私が住んでいるマンションのパーティールームで、母のアートショーが行われました。大好評のうちに終了。

 

その前に、私の家で、母の絵を飾って、オープンハウスをしました。昨日は、額縁を買いに行き、部屋を飾りつたり、母の紹介と絵の説明文を書いたりして、夜中の3時までかかってしまいました。

 

でも、お陰さまで、何点か買って下さる方がいらしたり、元画廊経営者の方にも、とても誉めてもらったりしたことで、母も自信が持てたようで、良かったと思います。少し肩の荷が下りた感じ。

 

ショーの様子

 

 

11月28日

 

旅行より帰ってきました!

 

DCの南、ヴァージニア州の海岸沿いは、DCよりずっと暖かく、
紅葉もかなり残っていて、美しい秋の景色を堪能することが出来ました。
リッチモンドでは、ヴィクトリアン様式の邸宅が並ぶ閑静な住宅街で、
霧雨にぬれた落ち葉が模様を描き、白亜のモニュメントが並ぶとおりを散歩しました。

 

ヴァージニアビーチでは、友人のご両親のお宅で、典型的なサンクスギビングの過ごし方を経験し、まっすぐに続く大西洋のビーチを見下ろすホテルに泊まりました。

 

ノーフォークでは、クライスラー美術館で、ガラス器の歴史を年代順に見られるコレクションを楽しみました。ナウティクス(海洋博物館)は、はっきり言って、はずれ。そこに行くのなら、さっさと町の北にある海軍基地を見学しに行ったほうがよかったです(クルーズでも行けます)。

 

ウィリアムズバーグは、アメリカで最初にイギリス人が入植した地の州都を、当時のまま再現してあり、街並みや生活様式を見て回れます。楽しかったので、帰り際に、2日間有効のチケットを、1年間有効のパスにアップグレードしました。

 

明後日は、母の絵画ショーをするので、明日はその準備をする予定。夜は、フィラデルフィア管弦楽団を聴きに行きます。

 

 

11月24日

 

明日から、サンクスギビング休暇で、ダンナと3人で、東海岸の町めぐりをします。リッチモンド、バージニアビーチ、ウィリアムズバーグと、アメリカの古都を車で回ってきます。母は、時差ぼけ知らずで、とにかく元気!
私の方がバテバテにならないようにがんばらなくちゃ!

 

 

11月21日

 

昨日、中大のメサイアが終わりました。

 

毎年、紅葉の時期に、練習曲目リストの中に、宗教曲のコンティヌオが一つは入っているという生活を、中大のお陰でもう、7年続けています。学生さんたちは、4年で入れ替わりますが、指揮者の白石先生と築きあげられた伝統のある合唱団と、ウッドランドノーツのオーケストラのコンビネーションで、毎年共演させていただくのは、私にとって、大きな音楽的な糧となっています。学生さんたちの頑張りに、パワーをもらって、こちらも襟元を正した気持ちで演奏させていただきました。

 

11日のコンサートとあわせて、今回の日本は、自分の内面に、収穫大でした。

 

結局、日本にいる間にはコンサートのことでいっぱいいっぱいになってしまっていた私でした。会いたい人は限りなくいるのですが、不義理をしてしまった方、本当に申し訳ありませんでした。m(__)m

 

今日の夜は成田泊で、明日朝の全日空でDCに帰ります。実の母といっしょです。ちょっとだけ親孝行できれば、と思います。

 

 

11月12日

 

昨日、コンサートが終わりました。いらしてくださった方には、心より御礼申し上げます。

 

自由学園の重要文化財「明日館」は、まさに都会の中のオアシスで、木造のレトロな雰囲気も、会場の響きも、とても良かったような気がしました。

 

今回は、帰国してからずっと、体調がいまいちだったのですが、
共演の方々に支えられて、乗り切ることが出来ました。年を重ねるごとに、課題が減らなくちゃいけないのに、増えていくのは、それだけ自分達の演奏に対しての要求水準も高くなっているからか・・・今日からまた、がんばります!

 

打ち上げで行った、池袋駅前のアジアンダイニング「豆花(ドウホァ)」、美味しかったなぁ・・・

 

 

11月2日

 

昨日の3時半ごろ、成田に着きました。

 

飛行機の中では、アーサー王の映画を見たけれど、いまいち。機内食も、ぜんぜん美味しくなくて、がっかり。

 

実家には夜の7時半に帰ってきました。いつものことながら、成田からが、遠い・・・です・・・成田エクスプレスに乗る前に、午後の紅茶のミルクティーとアエラを買うのが習慣になっています。昨日の夜は、まあまあよく眠れたと思うけれど、まだ時差ぼけが抜けていません。今日は、ダンナがインターネットのショップから送ってくれたらしい海産物が、実家に届き、実家の家族と一緒に、ありがたーく頂きました!

 

明日は午前中に美容院へ行き、午後はリハーサルです。眠い・・・

>ホームへ  >最新の日記へ  >過去の日記へ >BBSへ