>ホームへ  >最新の日記へ  >過去の日記へ >BBSへ

日のひとりごと January&February

 

2月28日

 

 今日は私たち夫婦の、7回目の結婚記念日でした。

 

昨日は、アニバーサリー・イヴで、最近金婚式を迎えた友人夫妻とレストランへ。帰りがけに、花束をプレゼントしてもらいました。彼らに言わせれば、7年目なんて「まだまだこれからよ!」・・・そりゃそうだ。私たちは50周年を迎えられるのかしら。ぜひ元気でいて、幸せな50周年を迎えたいものです!

 

明日は3月だというのに、外は大雪。夜になっても除雪車が通っています。

 

★ メキシコ旅行記、2日目が全て完成! 

http://www.cembalonko.com/trips32-2-3.htm  (2日目その3)UP!

http://www.cembalonko.com/trips32-2-4.htm 2日目その4)UP!

 

 

日記才人に登録しています。上のボタンを押して頂くと、
ランキングが上がりますので、ぜひ!ご協力お願いいたします!

 

2月25日

 

 忙しい時に限って、旅行記を仕上げたい虫が騒ぐのです・・・

 思い出と寒鰤は新鮮なうちが一番!(寒鰤食べたい・・・もう季節終わった?)

       

★ メキシコ旅行記 2日目(その2)をUPしました!

http://www.cembalonko.com/trips32-2.htm 2日目その1)

http://www.cembalonko.com/trips32-2-2.htm (2日目その2)

 

 

2月24日

 

 メキシコシティーの大聖堂のパイプオルガンについて、もっと詳しい情報がないかと思って、Yahoo.comで検索してみました。キーワードは「Mexico」と「organ」。

 

いろいろ関係ないのが出てきましたねー。どうやら、メキシコに「オルガン山(The Organ Mountain)」てのがあるらしい。(1へぇ〜)「オルガンパイプ・カクトゥス」・・・ああ、あのいかにも「メキシコ」な、十手型の大サボテンのことね。・・・え?なになに・・・「pulsing organ sacrificed・・・」 ぴくぴく動いている内臓!?!? うわ、アステカの生贄の話だわ〜 ひぇぇ〜

 

・・・肝心(←この言葉も今は気持ち悪い)な大聖堂のオルガンについてですが、ちゃんと本買うことにしました・・・(TT)

 

 

2月22日

 

 夕べ・・・というか、今朝の午前2時に、メキシコの旅から帰ってきました。なんだか、いろいろとトラブルに悩まされた旅ではありましたが、初めてのラテンアメリカの印象は強く、いろんな発見があり、本当に面白かったです。早速、旅行記の1日目をUPしましたので、よろしければご覧ください。

     http://www.cembalonko.com/trips32-1.htm

 

 今週は、2つもリハーサルを抱えていて忙しい。そして、アメリカ人をまとめるのって、本当に大変・・・コンサートのプログラムについて、アメリカ人の奏者と相談しているのですが、みんな、人が出した案に対しては、言いたいことだけ言って、肝心で難しいポイントについては、人任せ。今日は、「重要なポイントを考慮に入れつつ案を出して!」と、かなり強く言ったら、一応まともな意見が聞けました。

 

必要なことを、はっきり要求するのに、かなり勇気がいるのは、まだまだ日本人を捨てきれてない証拠。捨てる必要もないんだけれど、この国の人とやっていくには、ちょっと言い方きつかったかな、くらいがちょうどいいのかも。まあ、人にもよるのでしょうけどね・・・

 

 

2月16日

 

 メキシコに行く前に意地でも!と思って、ニューヨーク最後まで一気にUPしました。↓からどうぞ!

 1日目前半 http://www.cembalonko.com/trips31newyork.htm

 1日目後半 http://www.cembalonko.com/trips31-1.htm

 2日目 UP! http://www.cembalonko.com/trips31-2.htm

 3日目 UP! http://www.cembalonko.com/trips31-3.htm

 

 

2月15日

 

 古楽祭運営委員会で、古楽祭を丸ごとスポンサーしてくれる企業を探すという案が出た。「2000ドルや3000ドルなんて、なんとも思わない人たちがいるのよ」と聞き、アメリカの寄付の文化に、またまたびっくり!

 

最近、「書く」よりも「読む」方に力が入ってます・・・sorry!But 突然ですが、今週末、メキシコに行ってきま〜す!ちょうど今調べているのが、南米バロックについて。そのからみもあり、スペインのコロニアルシティを、この目でしかと、見てきたいと思います。ついでに「鳴り物」を手に入れるのも、目的の一つだったりして・・・南米バロックの変拍子のダンス音楽を弾きながら、足に鈴をつけてリズムを・・・ なんて、30パーセントぐらい本気で考えたこともあります^^;マラカスは、あの時代にもあったのかな・・・

 

 

2月13日

 

 1月に行った、初めてのニューヨーク、やっとUPしました!今回は、さくさくっと、説明短いです。

 

1日目前半  http://cembalonko.com/trips31newyork.htm

1日目後半  http://cembalonko.com/trips31-1.htm

 

 

2月11日

 

 調べ物の方が行き詰まり気味だと思ったら、それに追い討ちを掛けるような知らせが!6月のワシントン古楽音楽祭の時に、製作者から借りようと思っていた、アメリカ唯一・ポルトガルのチェンバロの復元楽器が、こともあろうに売れちゃって、借りられなくなってしまった。うそ〜〜〜どうしよう・・・

 

 

2月10日

 

まずはCMから。お近くの方もそうでない方も、いらして決して損はありません!ぜひお出かけください。

 

ムジカ・プラッツ室内楽シリーズ
モーツァルトの調べ

日時/2005年2月12日(土)13:30開場14:00開演

会場/所沢松井公民館ホール
出演/ムジカ・プラッツ

プログラム/
モーツァルトフルートカルテットKV171、KV Anh171(285b)、

KV298と6つの序奏とフーガKV404aより3番の弦楽トリオ
チケット/当日¥1500予約前売1300学生¥1000

お問い合わせ/松井公民館 04−2994−1222

 

 今日は、議会図書館にヒミツのトンネルがあるのを発見!今まで知らなかっただけなんですが・・・メインのジェファソン・ビルディングと、私がいつも調べ物をするマジソン・ビルディングが地下道でつながっていたなんて!ただし、初心者はちゃんと看板どおりに行かないと、迷います。トンネルを抜けると、そこはマジソン・ビルディングのカフェテリア。お昼時だったから、ナイスタイミングに、ナイスロケーション。

 

 調べ物の方は・・・ちょっとゆきづまり気味なんだな、これが。

 

 

2月4日

 

 今日、思い切って、日本で一緒に演奏をしていた仲間に、ラブレターを書きました。(キャー 照れるー) いつか伝えたかったのです。3年間日本を留守にしたけれど、それでもまた一緒に弾こうって言ってくれる仲間の有難さと、彼ら彼女らがいてくれたから、こちらでもチャンスをつかめたということを。もっと素直に書けたらよかったのだけれど、後で保存したのを読み返してみると、なんだかねー気取りすぎてるような文章だし・・・あーあ。

 

 感謝は態度で表すってことで・・・皆さまにお知らせです!

 

 2月12日(土)、所沢市松井公民館にて、「ムジカ・プラッツ」の演奏会があります。ワシントン古楽祭出演選考委員会にも絶賛された、温かくてしなやかな音色を、ぜひ生演奏でお楽しみください。曲目は、モーツァルトのフルート四重奏曲ほか。で、時間は何時だったっけ???(ぜんぜん役に立ってないじゃん・・・)

 

 

・・・調べました!時間は午後2時からです。詳細は↑へ。

 

 

2月2日

 

 ちょっとだけ冬眠の穴から顔を出して・・・ ピョン!

 

 今日は、State of Union。ブッシュ大統領の所信表明演説。去年、議員達の盛り上がる様子に驚いて日記に書いたのを思い出す。時がたつのは、本当にはやい・・・

 

 去年は、もっぱらイラク戦争のことばかりだったけれど、今年は、最初に先週の日曜日にイラクの選挙が成功したことを強調し、「年金問題」や、中近東に、もっと「自由な国家を作る」ことが、アメリカの安全のために重要、とも。演説の最後の方で、イラク戦争で亡くなった兵士の両親と、先日の選挙で投票することが出来たイラク人の女性が、涙しながら抱き合う場面があり、演出を狙ったことは分かっていても、もらい泣きをしてしまった。

 

 私だったら、自分の息子が、他の国の自由(幸福)のために死んで、いくら国民として最大限に祝福されたって、悲しみは消えないし、大統領を恨むかもしれない・・・と思った。

 

 ではまた〜 おやすみなさい〜

 

 

1月26日

 

 いろいろ考えるところがあり、しばらく冬眠します。掲示板にはレスしますので、書き込みをしてくだされば嬉しいです!ではまた!

 

 

1月24日

 

 今日は、ピエール&ジェローム&マークのアンタイ3兄弟&寺神戸亮さんの演奏会を聴いてきました!久々の、古楽豪華版コンサート。曲目は、ラモーのコンセール全曲でした。

 

ダンナを仕事先で拾って、作ってきたおむすびを車の中で食べさせ(塾にお稽古に子供の送り迎えが忙しい世間のお母様方の気持ちが、少し分かった気がシマシタ)、駆けつけたのはフランス大使館。さすが、文化の国・フランスだけあって、すばらしい演奏家をたくさん招いているらしいのですが、宣伝をほとんどしないらしく、私もこのコンサートのことを知ったのは昨日なのです。チェンバリストのジョーくんがメールで教えてくれました。土曜日の公演が、雪のためにあまり人が集まらなかったらしく、今日、アンコール公演となったとのこと。彼のお陰で聴くことができて、ラッキー!で、ジョーはこの情報、どうやって手に入れたのかしら・・・

 

・・・と思いつつ、会場に行ってみたら、見覚えのある楽器が!あー!彼のじゃないですか!!!私も10月に弾いたやつ。今日は、ジョーはリハーサルで来れなくて、フィアンセで、やはりチェンバリストのエレーナが、お友達と楽器の撤収に来ていました。スーツなんて着て来なきゃ手伝ってあげられたのに・・・

 

演奏は、最初のうちは、アンサンブルが少しバラけたり、ピエールがtoo excitedな気もしましたが、曲が進むにしたがって、ピエールの発音のはっきりした音色が、絶妙のバランスで他の楽器と溶け合い、また音楽をリードして、「立体的」な印象。静かな楽章では、微妙なタイミングのずれ(一小節または半小節単位のイネガル)が、かえって静けさを崩してしまっているような・・・これは好みの問題でしょうね。よく考えてみたら、人様のコンセールの演奏って、演奏会であまり聴いたことがなかったかも・・・随分目からうろこが落ちました。チェンバロはやっぱり、生で聴いて学ぶもの。実感。

 

      「カリブ海&フロリダ」完成です〜 10日目はこちら!

 

 

1月22日

 

 今日も朝からずっと雪でした。夜になって、気温がプラスになったのか、道路の雪は解けたように見えます。

 

 昨日、DCエリアで初めて、カトリック教会に行ってきました。その教会には、リュッカース・モデルの一段鍵盤があり、その楽器を見に行くことと、オルガニスト兼音楽監督の方にお会いするのが目的。教会は、モダンな建物でしたが、さすがカトリック!絢爛豪華ぁぁ〜って感じ。聖堂の西側は、一面のステンドグラス(デザインはやっぱり超モダン)、正面には両手を広げたキリストの巨大な像が!(ヨーロッパではだいたい、キリストは十字架につけられてるので、巨大なキリストだけが宙に浮いているのは、ちょっと違和感) ロビーには、枢機卿のお写真が飾ってあり、その前にはなんと!噴水!やっぱり潤沢なのね〜カトリックって。今も昔も・・・おっと、これからお世話になるかもしれないのに、この辺にしときましょ!

 

 今までは、Episcopal(辞書だと「長老派」)教会に縁が多かった私。音楽を楯に、あちこちの教会と仲良くしている「迷える異教徒」を、本音ではみんな、どういう風に見ているのかな・・・

 

      世界遺産「エバーグレーズ国立公園」完成です!

  旅行記前半  旅行記後半←今日UPしました

 

 

1月21日

 

 昨日は大統領就任式の「お祭り」。民主党も、大統領がするのと同じ時間に「ダンスパーティーやります!」って、ポスト紙にコマーシャルがでていたっけ。そういえば、12月に母が来た時に、ホワイトハウス前に、白い何かの枠みたいなものを建設中だったの。それが、ブッシュとゲストの、パレード観覧席になっていました。たった一日のために、何ヶ月も前から工事するんですねー・・・

 

ブッシュ大統領の姿が見えるところ、どこでも黄色い声援(デモ隊のところは激しいブーイング)。ロックのスターじゃないんだから・・・でも、これがアメリカ流。みんなが、政治家を尊敬したがっている国の一面です。

 

      世界遺産「エバーグレーズ国立公園」をUP!

 

 

1月19日

 

 今日は、朝から大雪!たった4時間弱の降雪でしたが、多分5〜6センチは積もっている模様。夜になって、どんどん気温が下がったから、きっと道路はてかてかに凍っているだろうな・・・

 

 話は変わりますが、これまで私は、スマトラ地震津波に関して、まったく日記に書いてきませんでした。Yahoo! 日本語ページの第一面に、関連記事が載る日も、少なくなってきました。たまたま、津波に関する衝撃的なサイトを見たので、今日はそのお話を少し。

 

津波の第一報は、クルーズ中にCNNのニュースで見ました。余りのことに、自分の心が、事の重大さを把握するのに時間がかかったほど。そして、まず心配したのは、インドの貧民街に暮らす、私たちの「里子」のこと(すぐに無事と判明)。そして、音楽仲間にだんな様がスリランカ人の人がいて、そのご親戚が被害にあわれてなければよいけれど・・・という心配。  

 

クルーズ旅行から帰ってきてから、ある団体に、義援金を寄付しましたが、本当に現地で復興のボランティアをしている方に比べると、何とも薄っぺらい気がしたり・・・でも、マザーテレサになれない凡人にも、しないよりはした方がまし、ということは、たくさんあると思います。おびえた表情の子供達を見ると、本当にやり切れません。

 

 

117

 

 クルーズ中に習ったボールダンス(男女2人組みのダンス)を、もう少し身につけたいと、1月から毎日曜日に、レッスンに通うことにした。昨日も行ってきたのだけれど、今回の先生は、3種類のダンス(スウィング、ワルツ、フォックストロット)を一緒にやるので、なかなか頭の整理が出来ない。先生によると、女性は男性に「『忍耐強〜く(be patient)』従うこと!」 そうなってくると、男性が上手にリードしてくれないと、ひじょーに踊りにくい。で、相手がダンナだったりすると、

 

「どーしてそこがそーなるのよーーーぉぉぉ!」

 

と、心の中は一気にムンクの叫び。Calm down! Be patient!

 

実生活も、またしかり。 Yeah, I know I need to be patient.Wish I always were…  ドアはいつもちゃんと閉めて!ペットボトルはちゃんとつぶしてリサイクル箱に入れて!食事のとき左手はちゃんとテーブルに添えて!Tシャツはちゃんとズボンに入れて!△×Λи▽ΘΠ・・・んごんご・・・

 

 

★ 「カリブ海&フロリダ旅行記」6日目・7日目・8日目UP

8日目は、いよいよマイアミに上陸です!

 

 

114

 

 昨日は、以前ボルチモアにヤンキーズ戦を一緒に見に行った友達の夫妻に、お呼ばれでした。いつ会っても、とても仲が良い夫婦。奥さんの方は、高校生の時に、日本に3年間留学していた人です。

 

彼女の引越しの時に、こともあろうに、写真やアルバムの入った箱を、運送会社になくされてしまったとのこと。彼女にとってはお金では決して買うことの出来ない、一番大切なものを・・・でもその中で、たった一冊残った、日本での想い出の詰まったアルバムを見せてもらいました。みんなに親切にしてもらい、素晴らしい文化にたくさん触れ、今までで一番いい思い出が残っている時期だった、と彼女は言っていました。

 

今、日本から離れて、彼女と同じ目線で客観的に日本を見ると・・・なかなか捨てたものじゃないな、と。

 

「カリブ海」やっと5日目まで来ました〜!

旅行記の更新で身を滅ぼさないようにしないと・・・(笑)

 

 

1月12日

 

 「カリブ海旅行記」 3日目&4日目(2ページ) UPしました!

 

 

1月11日

 

 昨日は午前中、ワシントン古楽音楽祭の運営会議に出て、その足で議会図書館へ。古楽祭のテーマが「スペインとニューワールド」なので、せっかくなら、南米ルネッサンス・バロックをプログラムに入れてみたい、と、資料を探しに・・・

 

 ・・・そこで見付けた、本当にあった怖い話。

 

***********

 

 時は1524年、スペインから派遣されたヘルマン・コルテスの一団は、新大陸徹底探査の旅へ出発する。スペインの歴史家、ベルナール・ディアス・デ・カステイッロによる記述。

 

 「この探検の困難については、多くは語るまい。コルテスに連れて来られたショームやサックバットやドゥルシアン(以上、楽器名)奏者の身に降りかかった事については・・・彼らはカスティリアで、何不自由なく、快楽に身を甘んじてきたので、飢餓や困難に慣れておらず、1人を除いては満足に音楽を奏でることが出来なかった。彼らの「野獣のほえ声」のような音に、兵士達は皆、『俺達は音楽よりも、パンが欲しいのだ!』と不平を言った。」

 

 この探査旅行は、計画されていたより長引いたため、探検隊が連れていた馬と、5人いた音楽家のうちの4人は、兵士達によって食べられてしまった。この悲惨な記述が、植民地の音楽家の歴史に、最初の足跡を残すのである。

 

***********

 

 以上、「MUSICA VERREINAL MEXICANA」ブックレットより。

 

 

1月9日

 

 あっという間に、お正月も終わってしまいました。この金・土・日と、ワシントンDCに2年半住んでいながら、初めて、ニューヨークに行ってきました。今回は、アムトラック(鉄道)を使って。アムトラックの座席は広く、3時間半乗っていても、とても快適でした。

 

一日目はサウス・ストリート・シーポート、ウォール街、ソーホー地区などを見学、夜はブロードウェイミュージカル「美女と野獣」を見ました。2日目は、雨が降ってしまい、MoMA(近代美術館)を中心に、セントラルパーク、5番街などを散策。3日目はセント・パトリック教会だけをさっと見て、帰りの電車に乗りました。

 

私のニューヨークの印象は、ひとことで言うと「鬩ぎあう町」でしょうか。誰もが、自分を主張している、または、したがっているのを感じる町。タイムズスクエアのネオンも、ブロードウェイのパフォーマーたちも・・・住んだらきっと、疲れると思いますが、とても刺激的な町。日本に帰る前にもう一度行きたいです。

 

さて、明日からは本当に真剣に、お仕事しますよ〜〜〜!

さっそく、ワシントン古楽祭の運営会議&共演者との打ち合わせなどなどが始まります。旅ボケなんかしていられません!!!

 

 

1月5日

 

 昨日のバスケットボールの試合、ワシントン・ウィザーズ対ニュージャージー・ネッツの試合、面白かったです!最初は、ニュージャージーが優勢で、遠くからのシュートがポンポン決まる!それに引き換え、ウィザーズは、「手を抜いとるんかい!?」と思うくらい、ディフェンスでもフリーの選手は作るわ、シュートは決まらないわで、本当にやきもきしました。お陰で、相手側のスーパープレーがたくさん見られたのは、嬉しいような悲しいような・・・

 

 同点で折り返し、後半にウィザーズは本領を発揮してきました!シュートが決まりにくい分、ゴールエリアに強引に入って、「力技」で決める場面が多かったです。結局、112対88でウィザーズの勝ち!休憩中のショー、2人組みのトランポリンも、素晴らしい演技だったし、大満足!

 

 さて、「旅行記」の新URLですが、www入れなくてもいいみたい。

 

http://cembalonko.com/

 

 で OKです!覚えやすくなりましたね〜。(覚えてね♪)

 

「カリブ海の旅」 第2日目、UPしました!どうぞよろしく!

 

 

1月4日

 

 お待たせいたしました!やっと、アメリカ旅行記のページ、引越しが完了いたしました。

 

 「ビケ♪とダンナのアメリカ珍道中」のコーナーは、ドメインを取得し、分かりやすいURLになりました。また、各ページも、少しだけですが、見やすいように工夫してみました。新URLは、

 

http://www.cembalonko.com/

 

です。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 そして、「カリブ海の旅」 第1日目、Upしました!旅の醍醐味は、まだまだ序の口ですが、ぜひ、ご覧くださいませ。今日はこれから、バスケットボールの試合を見に行きます。

 

 

1月1日

 

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

昨日、無事にカリブ海クルーズ&フロリダから帰ってきました。

チェンバロの部屋に家中の加湿器を入れていって、10日もつか・・・と、はらはらしていましたが、楽器の状態は良好。良くないのは、私の背中の状態です。日に焼けて皮がむけてきて、非常に醜いです。赤道近くの日差しは、侮れませんでした・・・

 

いかにも・・・な、南国の写真、たくさん撮ってきました。近日中にUP出来れば、と思っています。とりあえず、私の背中をこんなにした、ビーチの写真を一枚・・・

 

>ホームへ  >最新の日記へ  >過去の日記へ >BBSへ