渡邊温子 プロフィール

 

> 演奏活動 その他  20098月更新)

チェンバロ奏者として、ソロ活動と、オーケストラや室内楽団との定期的な共演を行っている。また、レクチャーコンサートの企画と演奏、地方自治体主催の市民講座講師(バロック音楽全般)などを担当。

 

20027月から20058月まで、アメリカ・ワシントンDCに滞在。ワシントンDC、メリーランド州、ヴァージニア州にて演奏活動を行う。2004年より、ワシントン古楽祭(Washington Early Music Festival)に招聘され、好評を博す。また、2005年には同音楽祭の運営委員を務める。ソリストとしてリサイタルなどを行う。

 

現在、東京都北区在住。美術展での演奏や、「朗読」「語り」とのコラボレーションなど、他の芸術分野との交流も積極的に行っている。

 

最近の主な演奏活動
2004
年より、アメリカ・ワシントン古楽祭に出演。
2002
年より、Baroque Songsの音楽監督および演奏。
2007
年より、語り&ボーカル&チェンバロのユニット、風流楽(ふるーら)メンバー

リサイタル
September 1994 in Aschaffenburg/Germany

July 1995 in Arnstein/Germany

March 1997 in Ome/Japan

ブリヂストン保養所「奥多摩園」にて月1回、チェンバロの夕べを開催(19972000)。
May 1999 in Tokyo/Japan

August 2001 in Tokyo/Japan

October 2003 in Rockville MD/USA

March 2004 in Potomac MD/USA

April 2004 in Rockville MD/USA

June 2004 in Washington DC/USA presented by the Washington Early Music Festival

October 2004 in McLean VA/USA presented by Odeon Chamber Music

March 2005 in Potomac MD/USA

June 2005 in Washington DC/USA at the Washington Early Music Festival

October 2005 in Hakodate/Japan

March 2006 in Tokyo/Japan

April 2006 in Tokyo/Japan

June 2006 in Tokyo/Japan

June 2006 in Washington DC/USA at the Washington Early Music Festival

November 2006 in Ome/Japan

・・・以降、各地で多数。

レクチャーコンサート
「音のサラダボール」企画・演奏(1996年−1999年)

音楽講座
日野市主催、「やさしいバロック音楽講座」
(1998年−2001年)。
小金井市主催、「バロック音楽の魅力を探る(音楽講座)」(2000年)。
小金井市主催、高齢者学級「クラシック音楽鑑賞」担当。(2001年)
市民サークル「楽しいバロックの会(バロック音楽についての講義)」講師(2000年−2002年)。
タニタ楽器主催、「10倍楽しくなる!チェンバロ・バロック音楽講座」講師(2007年より継続中)
タニタ楽器主催、「一日音楽探検隊」(夏休み・親子向け楽器講座)企画&講師担当(2008年より継続中)

講師歴
宮地楽器チェンバロ科講師(1998年−2001年)。
市民サークル 「バロック・アンサンブル(器楽アンサンブル)」講師(2000年−2002年)。 
タニタ楽器チェンバロ科講師(2007年より継続中)

 

 

> 学歴

4歳よりピアノを始める。国立音楽大学附属音楽高等学校・国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。ピアノを岡山京子、駒沢とみ子氏に師事。音大在学中、青梅市からの姉妹都市派遣留学生として、ドイツ・ボッパルト市のゲーテ・インスティテュートにてドイツ語を研修、その後、ケルン音楽大学で聴講生として音楽史・室内楽・伴奏法を学ぶ。

音大4年次よりチェンバロを有田千代子氏に師事。1993年9月から、国際ロータリー財団の奨学金を得て、ドイツ・ヴュルツブルク音楽大学に留学、チェンバロをグレン・ウィルソン氏に師事。ボブ・ファン・アスペレン、クリストフ・ルセ、ラルス・ウルリク・モルテンセン各氏からも指導を受ける。留学中、アシャッフェンブルク、アルンシュタインにてリサイタルを行う。また、ヴュルツブルクの古楽週間の演奏会にてフォルテピアノを演奏し、好評を博す。1996年8月に帰国。

 

 

 

メディア掲載記録

 

 

演奏・講演のご依頼はこちらまでどうぞ。

HOME

BBS

BLOG

MAIL