箱根 (2006年8月26日〜27日)

その1 その2 その3 その4 日本あばれ旅トップヘ

 

 

ガラスの森美術館

水から生えているのは、アドリア海の波らしい

2006年8月26日から27日、

土日一泊で、箱根に行ってきました。
今年の夏は、温泉続きです・・・(^^; 
前回は伊香保

 

新宿から、小田急線のロマンスカーを
利用するよりも、バスで直行した方が速いし、
乗換えなども面倒くさくないから
いいと思っていたのですが・・・
夏休み最後の週末を甘く見ていた・・・
行きは3時間15分、
帰りはなんと!4時間!!!どよ〜ん・・・
そんな訳で、午後1時過ぎに、仙石原に到着。

 

クリスタルグラスの泉

 

ダンナも私も、お腹ぺこぺこ。
その日は、「ガラスの森美術館」へ
行く予定にしていたのだけれど、
私たちの乗った、10時00分 新宿発の高速バスは、
「ガラスの森」廻りではなかった・・・(TT)
(毎時、30分発のバスは、ガラスの森美術館前に
止まりますが。)

仕方がないので、バス停2つ分くらい歩いた。
途中で、バスの中で宣伝していた、
フレンチレストランがあるホテルの前を通ったので、
「入ろうよぉぉぉ〜〜」と駄々をこねてみたけれど、
ダンナから却下される。(T0T)

 

 

 

 

展示品のひとつ

「ガラスの森美術館」は、独身時代、
私たちがまだ、お付き合いを始めていないときに、
グループ旅行で一緒に行ったことがあるのです。
今回、2回目ということで、
コレクションの質の素晴らしさに
度肝を抜かれた1回目に比べると、
驚きは少なかったです。
それでも、前回見ていない、
素晴らしい作品が目白押しでした。

そして、今回改めて気がついたのは、
建物やインテリアのこだわり。
イタリアってこういう雰囲気なんだ〜、と、
思わず納得させられてしまうようでした。

 

 

 

 

中世のお城の中にいるみたい

 

 

カンツォーネの生演奏もあります♪

 

そして、もうひとつのびっくり。

インターネットで見たときには、

「なーんだ、大したことはないね」と
すっかり侮っていた、イタリアンレストラン。

カンツォーネの生演奏と一緒に頂いた、

生ハムのフォカッチャの美味しかったこと!
フォカッチャは、イタリアのパンに、
生ハムを自分で挟んで作ります。
オリーブオイルとバルサミコと岩塩を、

自分の好みでブレンドしてつけて食べるのですが、
これがまた!美味!

 

******

 

 

私、ミュージアムショップに弱いのですよね。
ショップの隅々まで見て回り、
結局、ガラス製のイカをゲット!

白い半透明のイカの質感と、
銅箔の上に着せられた
グリーンのガラスが見事なのです。

1500円くらいのおみやげ物とは思えない
出来栄えに、一目惚れ。

 

こんなんです↑

 

綺麗なものもたくさん見たし、お土産も買ったし、大満足。 いざ、今日のお宿「魯山荘」へ!

  

その2へ→

 

箱根トップへ  ホームへ